ちょこっとコラム、ちょコラム。

TEL.048-291-6500 営業時間/月~金AM9:30~PM6:00(土PM3:30まで)定休日/日・祝日
  • 文字の大きさ(小)
  • 文字の大きさ(中)
  • 文字の大きさ(大)
ちょコラム

広告や印刷やその他のこと、ちょこっとコラムっちゃいます。

チラシにWEBに効く!ゼットの法則!エフの法則!…実は「格差の法則」最強説!?

目にものをいうのは、左上から!

折込広告チラシ等の紙媒体、またはホームページ等の紙面(画面)を作成する際、良く耳にする言葉に『Zの法則』『Fの法則』というものがあります。具体的には『Z』も『F』も人が紙面(画面)から情報を得る際に辿る視線の道すじを線であらわしたもの。
●『Z』… 左上 → 右上 → 左下 → 右下
●『F』… 左上 → 右上 → 左上 → 下へ向かう(左中)→ 右中 → 左中 → 下へ向かう…
どうですか?『Z』と『F』が頭の中で描けたでしょうか?チラシの場合などは、この道すじの上にポイントとなる目玉商品や、売りたい商品を並べると広告効果が上がると言われています。人間の目がものを見る際、元来もっている習性「左から右に見る」というものをベースにした考え方です。

格差、大いに結構!?

ちょっと待って!本当にそうなのかな?みんながみんな、どんな時も、左から見るのかな?チラシ作成の基本と言われているけど、そもそもこの説には弱点がある! …なんて書くとちょっと大げさかもしれません(笑)
考えてみて下さい。
●小説を読んでいて、いきなり次のページの一文が、赤い文字だったら…
ギャ~~~ッ!!!
…いや、そういうホラーな話ではなく(笑)
黒一色で印刷された小説本文の中で、赤い色の一文があったら目立ちますよね?この状態、一言でいえば「コントラスト」です。なんでもこの言葉をつけたがる、マスコミ関係のみなさまの言葉を借りるなら、ニュアンス的には「格差」でしょうか。名付けるなら、そう『格差の法則』!(安易ですね(笑))カレンダーの日曜日が赤い文字で書かれているのは、つまりはそういう事だろうという事です。みんな大好き日曜日、ですね。目立ちます。すべての曜日が黒で印刷されたものだったらどうでしょう?中にはそういうカレンダーもあるでしょうが、どうもしっくりこないというか、日曜日を探してしまいませんか?
つまり、チラシ等の紙面を構成する場合、目立たせたいものをドカーンと大きく、周りの色とコントラストの高い色をチョイスするといった事で、おのずと目立ってくるのです。お客様から「これも目立つように、あれも目立つように」という要望をいただくケースが良くあります。もちろんお気持ち、良く分かりますよ~。でも、あれもこれもと目立たせる要素が多くなると「目立たなく」なるんです。
考えてみて下さい。
●世界中の誰もかれもが目の覚めるような美男・美女ばかりだとしたら…
目移りして困りますね。
…いや、そういう話ではなく(笑)
目の覚めるような美男・美女って、やっぱり突出したものをお持ちだから「目立つ」んです。美男・美女ばかりだと皆が平均(標準)になり、「差」が生まれませんものね。
今回はチラシだけでなく、広い分野で使える『格差の法則』(コントラスト)についてお送りしました。

ページのトップへ